生命保険の無料相談について

生命保険は見直す事をお勧めします!

契約実績50万件以上!

あなたにピッタリの保険が無料で見つかります!
保険マンモスの無料保険相談

生命保険を乗り換える理由

生命保険,乗り換え

 

生命保険を乗り換えようと思っているが、
乗り換えるタイミングは難しいですね。

 

そんな方の為に、

生命保険を乗り換える理由

生命保険を乗り換える時期

についてお話します。

 

 

あくまで、現状に満足している方には役には立たないものになりますが、

「次のようなメリットが有る」という事だけでも覚えておいてください。

 

生命保険を乗り換える意味

 

あなたご自身が、保険に加入した時期には最適な保険を選んでいたかもしれません。

生命保険を乗り換える

 

しかし、現在はどうでしょう。
本当に、ご自身に最適な保険を選べていますか?

 

例えば、
新たに家族が出来た、子供が成人した場合など、
必要な保障は変わるのが当然です。

 

その為、
優先順位を子供に残す為の死亡保障から、
老後の為に終身保険に回したいとか、
他には、年金に回したいとか、保険料を安くしたいなど、色々と考える事が出来ます。

 

この事から・・・
必要に応じた、本当に必要な保険・保障を選ぶ事が最も重要です。

 

 

 

更に補足すると、、
一生涯の買い物で2番目に高額なのが生命保険と言われています。
1番は家を買う事ですが、車の購入よりも高額と言われています。

 

具体例を見ていきますと、
1か月1万円なら年間12万円、40年で480万円必要
1か月2万円なら年間24万円、40年で約1000万円必要です。
十分高い買い物になります。

 

 

しかし、生命保険は、
月額の保険料を引き落としで支払う為、お金を支払っている感が無いのが問題です。

 

わかりやすく言うと、
コンビニなどで、光熱費・携帯電話代を支払うイメージをしていただくとわかりやすいですが、
毎回、1万円程度支払いが必要となるので、お金を支払っている感じを毎月受けます。

 

ですが、保険は引き落としなので、お金を使っている感がありません。
これにより、高い買い物をしている感覚が無くなる事が問題です。
この問題により、保険を見直す事をしなくなるわけです。

 

 

このような理由から、
必要に応じた見直しや、乗り換える方が良いです。

 

 

生命保険を乗り換える時期

 

乗り換える時期については、少しややこしいですが、順を追って説明します。

 

定期保険等の掛け捨ての場合、更新時のタイミングで乗り換える方が良いです。

 

理由は、更新時期に保険料が一気に上がります。(同じ保障額で保険をかけた場合)

 

私の例だと、保険の営業で見積もりをした場合、
今の保険料が約1万円ですが、48歳からは約3万円必要になります。

 

↓が見積もった時の提案書です。(定期保険)

定期保険,見積もり

 

上記の事から、更新時期に保障を見直す事をお勧めします。

 

 

 

次に、

養老保険、終身保険は、更新時期がないので、切り替えるタイミングが難しい。

 

注意!!乗り換えない方が良い可能性が大きいです。

 

理由は、
積立型の場合、満期にならないと損失が大きいです。
私の場合、終身保険だけ見積もっていただいたので、以下を参考にしてください。

終身保険,見積もり

 

 

これは、約1万円の掛け金で終身保険を組んだ場合です。
グレーの部分を見ていただきたいのですが、
一番左の59は年齢です。
次が死亡保障額で420万円、
次の約350万円は、59歳時点の掛け金で、最後が解約時の払戻金で約330万円です。

 

結論は、満期前に辞めると損をします!

 

私が選んだタイプは65歳で、払い戻しがトントンになり、それ以降は得をします。

 

終身保険には、大きくタイプが4種類あるので一概には言えませんが、
終身や養老保険を乗り換える場合は、
よほどのメリットがないと損をしますので、ご注意ください。
※払い込みが完了しており、解約返戻金が返ってくる場合は例外の可能性もあります。

 

お勧めとしては、

定期保険のみ乗り換える方がお得

乗り換える時期は更新時のタイミングがベスト

 

乗り換え控除はどうしてあるのか?

 

乗り換え控除はどうしてあるのか?
こういった疑問を持たれる方もいます。

 

はじめに乗り換え控除とは何か?と、思われる方にご説明しますと、
まず、乗り換え控除とか重契約控除と呼び方は異なりますが、意味は同じになります。

 

意味は、
保険の営業とお客様との間で契約が成立した場合に、保険の営業に報酬(給料)が支払われます。
しかし、ある一定期間に解約されると、営業担当の報酬が減額、没収される事になります。

 

これを「乗り換え控除」とか「重契約控除」と呼びます。

 

どうして乗り換え控除はあるの?

 

例えば、
悪意のある営業担当がいた場合、自分の親戚や友人などに新規契約と解約を繰り返し行わされるとどうでしょう。
新規契約のみ、報酬が支払われることになると、悪用されるケースがありますので、このような措置を取っているわけです。

 

保険,乗り換え控除

この点については、良い点、悪い点が出てきますが、
私達、契約者側にとってはデメリットが目立ちます。

 

一番大きい理由が、
保険を解約しようとすると、営業が止める事があります。

 

営業も報酬が減るので、止めようとするわけですが、
私達にとっては、メリットがありません。

 

 

その為、辞めにくい場合は、
営業担当ではなく、
会社に直接伝える、もしくは、サポートセンターなどに問い合わせる事をお勧めします。

 

このような、営業担当での縛りが無い、保険の無料相談を利用するのも良いでしょう。
保険マンモスなどのFPには、このような縛りが無いので、何かあった場合はすぐに相談にできますのでオススメです。

最適な保険の選び方を教えます!!

生命保険料を下げるには、保険の見直しが必要です。

 

自分に最適な保険を知るには、複数の保険を見比べる必要があります。
しかし一つ一つ調べると大変なので、保険のコンサルタントに相談すると圧倒的に早いです。

 

管理人も利用したお勧めの会社をご紹介します。

 

@ 保険マンモス

 

◆無料の保険サービスで1位を独占!

 

オススメポイント

・ファイナンシャルプランナーの質が高い!

・相談場所はどこでもOK

・今と同じ保障で保険料が安くなる事もあります

 

保険マンモスの無料保険相談はこちら

 

完全無料になりますので、一度試してはいかがでしょうか?

加入されている生命保険と比べてください

保険会社40社から最適な保険を見つけます!

保険の相談は何回でも無料です!
保険マンモスの無料保険相談



トップページ 無料窓口の体験談 見直す必要性 生命保険の選び方 安くて良い生命保険