生命保険の無料相談について

生命保険は見直す事をお勧めします!

契約実績50万件以上!

あなたにピッタリの保険が無料で見つかります!
保険マンモスの無料保険相談

生命保険は必要か

生命保険,必要

 

生命保険の加入率は、トップページでお伝えしておりますが、
日本全国で8割以上の方が加入されております。

 

ですが、
本当に生命保険に加入する必要があるのか?
を考えてみましょう。

 

なぜなら皆が入っているので、自分も入らないといけないなど、曖昧な理由で加入されている方も少なくないからです。

 

 

では、生命保険は必要か?について、
順番にご説明させていただきます。

 

生命保険に入る必要があるのか?

生命保険に入る必要があるのか?については、
人によって、異なると思います。

 

重要なのは、

ご自身が病気になった場合に、誰かに迷惑をかけるか?
誰かに遺産を残す必要があるか?

 

この2点が大きなポイントです。

 

 

具体的には・・・・

他の誰かが医療費を負担しなければいけない

ご自身がご家族等を養っている場合

 

この場合は、確実に保険がある方が望ましいです。

 

 

ご自身以外が関係するなら、生命保険は必要だと考えます。

 

 

独身で一人身の方は必要がないのか?

それでは、だれにも迷惑をかけないなら、加入は不要なのかといいますと、

 

保険,独身,加入

小額の保険だけでも加入する事をお勧めします。

 

理由は、
大きい病気だけでなくても、入院をする事はあると思います。
その時に、保険に入っていないと医療費は必要となるし、
仕事が出来ないので、給料面でも響くと思います。

 

これから結婚を考えられている方も必要ですね。

 

 

 

【注意!!】

いざ、加入したい時に病気が見つかってしまうと、
入れる保険が限られてきますので、健康な状態の時に入っておく事をお勧めします。

 

 

医療費はどれぐらい?

 

3大疾病におけるガンになってしまった場合

早期がん発見の場合で約225万円
進行度が高いがんの場合、約568万円程度必要になると言われています。

 

高額医療費控除により医療費は抑えれますが、それでも上記の金額が必要とされており、
生命保険に加入しない場合は、上記以上の金額の貯金が必要と考える方が良いです。
(※一番下に高額医療費について補足説明が有ります。)

 

※これは、実際にがんにかかった方に伺った備えておきたい金額になります。(日本生命調べ)

 

 

 

身体障害になってしまった場合

3年間で約570万円程度備えておきたい金額になります。

 

この場合、
仕事を失うだけでなく、住宅改造等でバリアフリーにしたり、
日常生活での費用負担が増える事から備えておきたい金額と言われています。

 

※これは、実際に身体障害になった方に伺った備えておきたい金額になります。(日本生命調べ)

 

 

 

介護状態になってしまった場合

 

3年間で約800万円備えておきたい金額になります。

 

理由は、
身体障害の場合と同じく、仕事を失うだけでなく、
住宅改造等でバリアフリーにする、介護用品購入等の出費により、
備えておきたい金額と言われています。

 

上記のような事のリスクに備えて、必要な保険に加入する必要があると考えられます。

 

※実際に介護状態になった方に伺った備えておきたい金額になります。(日本生命調べ)

 

 

小額,保険まとめ

上記の事から、
貯金をたくさん持っておられる方には、生命保険は必要がないかもしれません。
しかし、今なら2000円程度で加入できる保険もありますので、
少しだけでも備えておいて損はないと思います。

 

個人的には、

ご自身以外に迷惑がかかるなら、生命保険に加入するべき
ご自身の病気に不安があるなら、小額でも良いので生命保険に加入するべき
貯金が1000万円以上ある方は、ご自身の体と相談するべき

と考えます。

 

高額医療費補足説明

 

高額医療費について

 

高額医療費とは、
国民健康保険の加入者が、1人1か月、同じ医療機関にかかり、
以下の自己負担限度額を超えた場合、その超えた額が支給されます。

 

例)
月に30万円支払いを行い、医療費負担が3割の場合、
実際の自己負担は87,430円程度になります。

 

 

給料が安いのに生命保険は入るべき?

給料が安い方の生命保険

 

給料が安い方には、生命保険の有無は非常に悩ましい所です。
なぜなら、毎月の出費を出来る限り抑えたいからです。

 

では、
「入らないで良いのか?」と言うと、そうではありません。

 

 

上記の、「生命保険は必要か?」と重複する部分ですが、

 

ご自身が病気になった場合に、誰かに迷惑をかけるか?

誰かに遺産を残す必要があるか?

この辺りは、非常に重要な所です。

 

人さまに迷惑をかけてはいけませんし、ましてや親族、家族になら尚更です・・・

 

その為、最低限の保障のみ加入する事をオススメします。

 

これは、人によって最低限の保障が異なりますので、一概には言えませんが、
安い保険はいくらでもあります。

 

極力、保険料を抑えるには、公的保障で補えない部分だけ保障を加える事をオススメします。

 

公的保障については、保険の保障って何?をご覧いただければ、
分かると思いますので、ご参考にしていただければと思います。

 

イメージだけで考えると、
「毎月の保険料って大体1万円ぐらいかかるのかな?」と思われる方もいますが、
実際はもっと安くで加入できます。

 

医療保険なら・・・

 

メットライフ生命のFlexiなら、30歳で2,000円〜
住友生命のメディフィットAなら、30歳で3000円〜
府民共済なら、30歳で2,000円〜

 

など、安くで色々とありますので、ご自身に合わせて選べばよいと思います。

 

医療保険最後に、
保険には、同じような保障内容でも保険料に差が出る事がありますので、
比較シュミレーションが出来る、保険の無料相談で相談するのが一番良いと思います。

 

やはり、無料で相談できる事が大きいですし、
中立の立場で対応してくれるファイナンシャルプランナーは心強いですよ。

最適な保険の選び方を教えます!!

生命保険料を下げるには、保険の見直しが必要です。

 

自分に最適な保険を知るには、複数の保険を見比べる必要があります。
しかし一つ一つ調べると大変なので、保険のコンサルタントに相談すると圧倒的に早いです。

 

管理人も利用したお勧めの会社をご紹介します。

 

@ 保険マンモス

 

◆無料の保険サービスで1位を独占!

 

オススメポイント

・ファイナンシャルプランナーの質が高い!

・相談場所はどこでもOK

・今と同じ保障で保険料が安くなる事もあります

 

保険マンモスの無料保険相談はこちら

 

完全無料になりますので、一度試してはいかがでしょうか?

加入されている生命保険と比べてください

保険会社40社から最適な保険を見つけます!

保険の相談は何回でも無料です!
保険マンモスの無料保険相談



トップページ 無料窓口の体験談 見直す必要性 生命保険の選び方 安くて良い生命保険