生命保険の無料相談について

生命保険は見直す事をお勧めします!

契約実績50万件以上!

あなたにピッタリの保険が無料で見つかります!
保険マンモスの無料保険相談

生命保険のクーリングオフについて

生命保険を契約後に、辞めておけば良かったと後悔した事はありますか?

 

保険は安い買い物ではありません。

生命保険,クーリングオフ

長期的なスパンでみると、非常に高い買い物になります。

 

その為、しっかりと相談し納得した上で契約する方が
良いのですが、契約後に後悔する方が多いようです。

 

後悔する方に多いのが、

生命保険を勧められて加入してしまった方
生命保険にとりあえずで加入してしまった方

に多いようです。

 

 

そんな場合は、クーリングオフ制度を利用すると良いでしょう。

 

 

クーリングオフとは

契約後でも、一定の期間内であれば申込みを撤回することができる制度です。

 

勿論、クーリングオフを利用しないのが一番ですが、
このような制度があると少しは安心できますよね。

 

 

クーリングオフ,利用できないその前に、クーリングオフを利用しないで済む場合があります
生命保険に申し込んだ直後等で契約が完了していない場合は、
キャンセルだけで済む場合があります。

 

これは流れがあり、保険会社との契約書に同意をした後に、まずは審査が始まります。
審査に通った後、ようやく契約が完了となります。
(※保険会社によって契約が完了するまでの期間は異なります。)

 

契約が成立するまでなら、口頭でキャンセルが出来る可能性があるので確認してください。

 

 

上記が無理な場合に、初めてクーリングオフを利用しましょう。

 

クーリングオフが利用できない場合

クーリングオフにも注意点があります。


クーリングオフとはそもそも、消費者(お客様)を守る制度ですが、クーリングオフが利用できない場合があります。

 

ご自身で、保険会社に出向いて契約された場合

ご自身で指定した場所で契約した場合

契約する為に医師の審査を受けた場合

1年未満の保険契約

 

上記に該当する方は、利用できない可能性が高いです。
ようは、自分から契約に動いたか、勧誘されたのかが焦点になります。

 

クーリングオフを行う方法は以下の2点

上記のクーリングオフの注意点より、クーリングオフが利用できる事がわかれば以下の内容をご参照いただき、順番に勧めていきましょう。

 

基本的には申し込みから、8日以内に制度を利用する事

これは各保険会社によって異なる為、必ず確認してください。
基本は8日以内の所が多いです。

 

書面で送る

電話やメールでは基本的には受けつけてもらえません。
書面での受付が基本ルールとなるのでお間違いないよう気をつけてください。

 

書面には、以下の内容をはがき、便せん等に記載の上、保険会社に書面で送る必要があります。

・撤回(クーリング・オフ)の旨をご記入いただいた日(届出日)
・契約者の名前
・契約者の生年月日
・保険を受ける方の名前(被保険者)
・契約者の住所・電話番号
・保険名(医療保険等)
・解約理由
・契約日
・保険料

以上、9点を記載して送ります。

 

申請が通れば、支払ったお金は戻ってきますし解約が成立となります。

最適な保険の選び方を教えます!!

生命保険料を下げるには、保険の見直しが必要です。

 

自分に最適な保険を知るには、複数の保険を見比べる必要があります。
しかし一つ一つ調べると大変なので、保険のコンサルタントに相談すると圧倒的に早いです。

 

管理人も利用したお勧めの会社をご紹介します。

 

@ 保険マンモス

 

◆無料の保険サービスで1位を独占!

 

オススメポイント

・ファイナンシャルプランナーの質が高い!

・相談場所はどこでもOK

・今と同じ保障で保険料が安くなる事もあります

 

保険マンモスの無料保険相談はこちら

 

完全無料になりますので、一度試してはいかがでしょうか?

加入されている生命保険と比べてください

保険会社40社から最適な保険を見つけます!

保険の相談は何回でも無料です!
保険マンモスの無料保険相談



トップページ 無料窓口の体験談 見直す必要性 生命保険の選び方 安くて良い生命保険