生命保険の無料相談について

生命保険は見直す事をお勧めします!

契約実績50万件以上!

あなたにピッタリの保険が無料で見つかります!
保険マンモスの無料保険相談

生命保険を比較してみよう

保険は色々な種類があります。しかし、大きく分けると3種類になります。その3種類について比較してみましたので、ご参考にしてください。

 

掛け捨ての保険

 

万が一自分に何かあった場合、葬儀代・遺族の生活費・子供の学費などのために、生命保険で少しでもお金を残しておきたいですよね。掛け捨て型は定期保険のことで、契約するときに何年あるいは何歳までか保険期間が決まっている保険です。契約するときに何年もしくは何歳までか期日が来れば満了を迎え保証も終了します。それ以降なお保証を必要とするのであれば契約を更新、または改めて保険に入るしかありません。掛け捨ての保険の特徴としては保険料が低く設定されているところです。毎月の出資がどうしても掛けられないけど、保証が欲しい方はこちらを選択することが多いようです。保証額によって毎月の掛け金が変わってくるので注意が必要です。契約の更新にも短期型と長期型の2種類があります。短期型の場合は更新時の年齢によって保険料は高くなり、長期型の場合は年齢が若い間は掛け金が高くなり、年々下がっていくことになります。また途中解約をした場合お金は戻ってきたとしても少額か、ほとんどが全く戻ってきません。一定の期間だけ保証を厚くしたい場合やどうしても掛け金を抑えたい人にとっては有効な保険です。保証が不要になった場合に契約を打ち切ることも簡単に出来ます。

 

終身保険とは

 

終身保険は生涯にわたって保証される保険です。一生涯の間保証が続くということは、必ず保険金を受け取ることが出来るということです。配偶者や子供などどうしてもお金を残したい人がいる人、自分自身の将来の不安を少しでも解消しておきたい人に有効な保険です。保険料は一生涯定額です。若い時に加入しておくと保険料が安くなります。支払い方法も月払い、年払い、一括払いと種類があります。月払いよりも年払い、年払いよりも一括払いのほうが保険料が安くなります。しかし、まとまったお金が用意できる人は中々いないので月払いか年払いの人が多いようです。払込期間も60歳満了、65歳満了、一生涯などの選択をすることが出来ます。働いている間に払い込みを終了したい人が多いので、60歳または65歳払い込み終了が主流です。終身保険は途中で解約をしたとしても高くはありませんが、解約金が手元に入ることになります。しかし、見直しをすることが難しく、途中で他の保険のほうがいいと思っても乗り換えすることは困難です。どうしてもという場合は出来る限り早めに切り替えることをオススメします。

 

貯蓄型の保険とは

 

いわゆる定期型の保険ではなく、保険料が戻ってくる保険を貯蓄型の保険と言います。貯蓄型には終身、養老、個人年金、学資、お祝い金付き保険といったものがあります。終身は前述の通り一生涯続く保証です。いつかは必ず保証金を受け取ることが出来ます。養老保険は30年間や60歳までなど一定期間の保証をすることが出来る保険で、その期間内に死亡すると保険金を受け取ることが出来ます。死亡しなかったとしても満期を迎えることが出来れば保険金をうけとることが出来ます。個人年金は55歳から、60歳から、65歳からなど、どこから受け取るかは自分で決めることが出来ます。受け取る前に死亡してしまったとしても既に支払っている保険料と同額に相当する金額を死亡保険金として受け取ることが出来ます。これは金融機関で定期積金をしているのと同じような感覚です。また学資保険も大学進学時などのタイミングで保険金を受け取ることが出来ます。その他にも小学校、中学校、高校入学時に一部の金額を受け取ることも出来ます。受け取らなければ最後に受け取ることになるので問題ありません。しかし学資保険の場合、入院などの特約部分は掛け捨ての形になるので注意が必要です。

 

まとめ

 

保険がなくても生きていけるという人は限られた人です。どの家庭でも保険は必要不可欠であると言っても過言ではありません。掛け捨てか終身を選ぶかは自分自身の経済状況と今後の人生設計を考えて選択をするべきです。掛け捨ては保険料が安い代わりに保険期間が過ぎればお金は戻ってきません。終身保険などの貯蓄型は掛け金が高い代わりに掛けた分だけのお金は戻ってきます。しかし、ここでひとつ注意しなければならないのは死亡以外の理由での途中解約の場合は元本割れをおこしてしまうということです。利率という部分では貯蓄に利用することは厳しいと言わざるを得ません。今では掛け捨てであっても、80歳までや90歳までの保証期間があるものが出てきています。もちろんそれまで掛け金を払わなければならず、長期間の経済負担があるので、その辺は注意が必要ですが、払える金額に余裕があるのであれば掛け捨てをうまく利用することも出来ます。働いている間に払い込みをしたいと思うのであれば貯蓄型がオススメとなります。いずれにせよ家計全体の収入と支出を考え、保証がどのくらい必要か、特約を付けるのか、自分と家族とのライフプランを考えて比較してから選択することがベストです。保険地獄にだけはならないように気を付けましょう。"

最適な保険の選び方を教えます!!

生命保険料を下げるには、保険の見直しが必要です。

 

自分に最適な保険を知るには、複数の保険を見比べる必要があります。
しかし一つ一つ調べると大変なので、保険のコンサルタントに相談すると圧倒的に早いです。

 

管理人も利用したお勧めの会社をご紹介します。

 

@ 保険マンモス

 

◆無料の保険サービスで1位を独占!

 

オススメポイント

・ファイナンシャルプランナーの質が高い!

・相談場所はどこでもOK

・今と同じ保障で保険料が安くなる事もあります

 

保険マンモスの無料保険相談はこちら

 

完全無料になりますので、一度試してはいかがでしょうか?

加入されている生命保険と比べてください

保険会社40社から最適な保険を見つけます!

保険の相談は何回でも無料です!
保険マンモスの無料保険相談



トップページ 無料窓口の体験談 見直す必要性 生命保険の選び方 安くて良い生命保険