生命保険の無料相談について

生命保険は見直す事をお勧めします!

契約実績50万件以上!

あなたにピッタリの保険が無料で見つかります!
保険マンモスの無料保険相談

生命保険解約の注意点と返戻金

.生命保険に加入したけど、どうしても他の保険会社の商品のほうにしたい。または払っていけないということありませんか。生命保険を加入後1か月など、すぐに解約をしようとしても担当者は中々手続きを進めてしてくれないことがあります。これは契約してから2年未満のものに多いです。何故辞めさせてくれないのか、疑問ですよね。これは2年以内の解約であると、担当者の給与査定に響くからです。つまりは2年経つまでは何としてでも続けてほしいというのが実情です。しかも担当者だけではなく、営業部全体で解約を止めようとします。しかし、辞めようとしているものを無理に止めることはコンプライアンスに違反しています。解約はしてもらうのではなく、するものです。こちらがどうしても手続きしたければ、その通りにするのが常識です。それでも渋るようであれば第三者である弁護士などに相談をすることがベストです。手続きを先延ばしにされている時点で下に見られていることに気づいてください。本当に辞めることが損であるかどうかは、ファイナンシャルプランナーなどの専門家の人に相談をしてみても良いでしょう。

 

.解約返戻金はあるのか

 

契約から2年以内のものは手続きの仕方に気を付けなければなりません。通常は郵送手続きや窓口で行うことが出来ます。担当者でなければならないという会社とそうでない会社があるので、そこは注意が必要です。すんなりと手続きをするには窓口での解約がベストです。記入漏れなどもチェックすることが出来ますし、直接手渡しで全てのものを渡すことが出来るので確実です。郵送で届いていませんと言われても仕方ありませんしね。また担当者でなければならない場合、担当者から連絡があればよいのですが、無い場合はコールセンターまたは窓口で保険を辞める意志を伝えて引き落としをストップしてもらう必要があります。またその時に注意しなければならないのが解約返戻金です。保険を辞める時に保険会社から払い戻されるお金です。しかし全額戻ってくるとは限りません。契約年数によって払戻率が変化します。年数が経てば経つほど払戻率は高くなります。しかし払戻しが少ないからといって得にならない保険を掛け続ける必要はありません。保険の見直しをして、他のほうがいいと思うのであれば早いうちに変更しておくべきです。契約時の年齢によって保険料が変わる場合もあるので、得をするようならば即解約をオススメします。"

加入されている生命保険と比べてください

保険会社40社から最適な保険を見つけます!

保険の相談は何回でも無料です!
保険マンモスの無料保険相談



トップページ 無料窓口の体験談 見直す必要性 生命保険の選び方 安くて良い生命保険