生命保険の無料相談について

生命保険は見直す事をお勧めします!

契約実績50万件以上!

あなたにピッタリの保険が無料で見つかります!
保険マンモスの無料保険相談

生命保険掛け捨ては安くても安心か

自分自身が死亡した時に遺族が受け取ることが出来る金額はいくらぐらいか。保険を掛けるうえで一番気になるのがこれです。癌特約や入院費など他にも気になるところはありますが、一番大きなものが死亡保険金ですよね。30代から50代の働き盛りの男子であれば2,000万円ぐらいが相場です。30代で亡くなってしまった場合、子どもがいる家庭では学費などお金がかかります。しかしこれはあくまで相場です。理想は3,000万円〜4,000万円とも言われています。ただしここまでくるとかなり高額の掛け金となってしまうことは目に見えています。掛けるだけの経済力があるかたは問題ないかもしれませんが、多くの家庭では厳しいというのが現状です。

 

安い保険でも大丈夫か

 

保険には掛け捨てのものと貯蓄型の2種類があります。掛け捨ては保証期間が決められていて掛けた分のお金は保証期間内に死亡しない限り戻ってきません。貯蓄型は期間が決められているものと終身型の保険があります。掛け金は基本的に戻ってくることになっています。しかし、貯蓄型は保険料が高く、掛け捨てのほうが安くなるのが一般的です。掛け捨ては保証期間が限定されていて貯蓄部分が存在しないため安くなるのです。安いからといってこの保険は信用できないということではありません。貯蓄の部分を除けば貯蓄型と同様の役割を果たすことが出来るものなのです。

 

まとめ

 

そもそも保険になんでもかんでもつければいいというものではありません。生命保険が高額になるのは死亡保障が高いということだけではなく、癌や入院などの医療保障を付けたがる保険会社が多いのです。一緒に入ることでお得感を出していますが、中には他の保険に単独で入るほうが安くなることもあります。また、近年では掛け捨て保険であっても、以前よりも保証期間が長くなってきています。以前は60歳または65歳ぐらいまでの保証でしたが、平均寿命が延びたことや、定年で退職する年齢も上がってきたことも影響してか80歳や90歳まで掛け捨てで掛けることが出来る保険もあります。ただし掛け捨ては払い続けるということを忘れてはいけません。また安いものはどうしても信用ならないと考えるのであれば、一本終身のものをもって、その他を掛け捨てのもので補完をしていくということでも対応することが可能です。自分にあったプランを考えて契約することがベストです。

加入されている生命保険と比べてください

保険会社40社から最適な保険を見つけます!

保険の相談は何回でも無料です!
保険マンモスの無料保険相談



トップページ 無料窓口の体験談 見直す必要性 生命保険の選び方 安くて良い生命保険