生命保険の無料相談について

生命保険は見直す事をお勧めします!

契約実績50万件以上!

あなたにピッタリの保険が無料で見つかります!
保険マンモスの無料保険相談

生命保険はいつからいつまで加入する方が良いか?

医療保険などは子供が生まれてすぐに加入することが出来ますし、少しでも多くの満期を迎えたければ早めに加入することがベストです。また入院特約を付けたいのであれば少しでも早く加入することで、もし持病が見つかったり、急に高熱を出して入院をしたとしても安心して入院することが出来ます。ただし、医療費がかからない自治体もあるので確認が必要です。こどもは0歳からまたは5歳から加入出来るものがあります。終身保険は年齢が若いうちから加入することで月々の保険金が安くなるという効果があります。養老保険は学資保険と同様に死亡する可能性が低い期間に合わせることで、満期金を学資金として利用することが出来ます。
終身保険は読んで字の如く、終身つまり一生涯です。他に掛け捨てのものであれば、必要な期間を考えなければなりません。特に医療保険などは切らすことは出来ません。お金に余裕がある家庭はあまり気にしなくても良いのですが、入院した場合1日にかかる入院費が重くのしかかってきます。長期間の入院となると莫大なお金を請求されてしまいます。基本的には死ぬまで掛けておきたいものです。他に個人年金や養老保険がありますが、これは貯蓄といった性格が強い保険なので働いている間に保険金を払い込んでおいた方が無難です。

 

生命保険加入時期のまとめ

 

生命保険は自分自身の場合は払い込みが出来る年齢、つまりは収入がある間に払い込みが終了出来るようにしたほうが良さそうです。加入そのものは死亡するまでがベストでしょう。死亡しない間に満期を迎えても、死亡給付金を受け取ることは出来ません。保証期間内でなければ支払われないことを覚えておいてください。ただし、人それぞれ考え方は違います。遺族のためのお金と考える人と、老後の資金と考える人がいます。遺族の保証と考えるのであれば子供が成人するまでや、配偶者が年金をもらい始めるまで。老後の資金と考えているのであれば、自分自身が現役を退くまで加入しておくべきです。子どもに少しでも迷惑を掛けたくないというのが親心ですよね。いくつになったとしても子供のことは心配です。子どもだけでなく孫にも恵まれれば尚更迷惑を掛けたくないでしょう。それよりも少しでもお金を残してあげたいと思うのではないでしょうか。出来るだけ死亡給付金が受け取ることが出来るように、葬式代を引いても残るぐらいの額を残してあげようとする人が多いのも事実です。"

加入されている生命保険と比べてください

保険会社40社から最適な保険を見つけます!

保険の相談は何回でも無料です!
保険マンモスの無料保険相談



トップページ 無料窓口の体験談 見直す必要性 生命保険の選び方 安くて良い生命保険