生命保険の無料相談について

生命保険は見直す事をお勧めします!

契約実績50万件以上!

あなたにピッタリの保険が無料で見つかります!
保険マンモスの無料保険相談

生命保険の受取人はどこまでOK?

生命保険を契約する際に、誰が保険料を支払い、誰を保険の対象として、誰が保険金を受け取るのかを決めなければなりません。その結果受け取る保険金が相続、贈与、所得のいずれかの課税対象となっています。結論から言うと生命保険金は相続財産には含まれません。受取人である人の固有の財産となるものとされています。また相続財産から生命保険料を支払うことで相続税の対象となる財産が減り、相続税額を減らすことが出来ます。相続額が基礎控除額の範囲で収まると非課税になるかもしれません。生命保険の受取金には相続税が非課税となる金額の枠が決められています。500万円×相続人の数ということになっています。これは完全なる節税対策として有効な手段です。ただしポイントとして一括で納めておくことが大事です。分割で払っている間に死亡してしまうと全てが水の泡です。また相続税対策としては終身保険がオススメです。死亡時に必ず保険金が支払われます。支払うための資金とすれば分かりやすいものです。

 

受取人の変更は可能か

 

答えは可能です。保険契約者は被保険者の同意を得ることで受取人の変更が可能となります。結婚による改姓や改名も受取人の変更となるので、注意が必要です。また受け取る人に不幸があった場合でも変更は可能です。変更の流れとしては保険証書の証書番号を確認し、コールセンターや窓口で手続きをとります。窓口であればその場で書類を作成することが出来るので、そこまで時間がかかることはありません。コールセンターで手続きをする場合は連絡後に書類が郵送で自宅へ届くので、必要事項を記入の上、郵送で送り返すということになります。手続きが終了すると明細書が送られてくるのでチェックしておかなければなりません。書類の不備などが面倒であれば、窓口で教えてもらいながら書類を作成することをオススメします。

 

受取人は彼女でもいいのか

 

生命保険は誰に受け取るかによって税金が変わります。贈与税・相続税・所得税とパターンがあります。贈与税がかかる場合は契約者・被保険者・受取人が全て異なる人物である時です。相続税がかかるパターンは契約者と被保険者が同じで、受取人だけが異なる場合です。最後に所得税がかかるのは契約者と受取人が同じ場合です。そこまで複雑なものでは無いので加入するときにしっかりと判断をしておきましょう。ちなみに受取人は、独身の人であれば彼女でも問題が無いのでしょうか。保険金受取人の範囲は指定されています。受取人として指定できるのは二親等までとされています。自分から考えて二親等となると祖父母や孫までの範囲を指します。ただし、第三者を法定相続人に指定することは可能です。彼女を内縁の妻として証明することが出来れば指定することが出来るのです。これには各保険会社によって規定が異なります。どうしても彼女を受取人にしたいのであれば話を聞いてみると良いでしょう。一つの会社がダメだからといって全てがダメなわけではないので根気よく取り組んでください。

 

受取人は未成年でも大丈夫か

 

まず未成年を保険金受取人に指定することは出来ます。二親等の中であれば子供や孫が未成年の間であっても指定することが出来るのです。指定はできますが、ここで注意しなければならないのが請求手続きをどうすればよいのかです。未成年者である子供に代わって、その親権者もしくは未成年後見人に手続きをしてもらわなければなりません。未成年者だけで請求することは出来ないのです。この時請求書に加えて、請求人が親権者または未成年後見人であることの証明が出来るものが必要となります。戸籍謄本などの書類の提出が多いようです。また未成年であっても婚姻を結んでいる場合、未成年ではなく成年としてみなされます。この場合は子供だけで請求することが出来ます。ちなみに未成年後見人とは親権者が亡くなられた場合に未成年者の親族や関係者が家庭裁判所に申し立てることで未成年後見人となることが出来ます。

 

まとめ

 

誰のためにどれだけのお金を残すのか、残したいのか。はっきりと決めておく必要があります。その方向性によって受取人は変化します。複数の保険金受取人を設定する方法も存在します。その時は受取金額の分配の割合を考えておかなければなりません。しかしこれは出来るだけ避けるべきです。遺産相続でもめてしまった場合、受取人の一人が請求を拒んだりすると保険金そのものの受取が困難になってしまいます。夫から妻、親から子供へというのが自然な流れです。保険金の払い込みの額や保証額にばかり目が行きがちですが、受取人の手続きは、自分が亡くなった後の遺産争いの火種とならないように慎重に考えて答えを出すべきです。また契約前に誰かに相談してもよいでしょう。子どもたちに了承を得ることも一つの策です。出来るだけ未来を見据えた契約を考えましょう。

加入されている生命保険と比べてください

保険会社40社から最適な保険を見つけます!

保険の相談は何回でも無料です!
保険マンモスの無料保険相談



トップページ 無料窓口の体験談 見直す必要性 生命保険の選び方 安くて良い生命保険