生命保険の無料相談について

生命保険は見直す事をお勧めします!

契約実績50万件以上!

あなたにピッタリの保険が無料で見つかります!
保険マンモスの無料保険相談

生命保険加入時に健康診断は必要?

健康診断と告知書の違い

 

これから医療保険に加入することを考えている方は健康状態を知らせるために健康診断が必要と思っていませんか。健康診断書は高額な死亡保障の場合に必要です。また加入時の年齢が高い場合にも健康診断書が必要な場合があります。健康診断書は2年以内に人間ドッグや会社で受けた健康診断の用紙です。これがあれば新たに健康診断を受ける必要はありません。健康診断を行う場合は一般的に検尿・血液検査・身長・体重・視力などを実測します。また心電図をとるような場合もあります。これに対して告知書は5から7項目に分かれた質問に対して、「はい」か「いいえ」で答えていくものです。過去5年間の病歴、最近3か月間の診察・検査・投薬の有無、身体障害があるかないかなど、全て書面で申請することになります。

 

告知書は危険

 

通常、審査は1週間から2週間で結果が出ます。健康診断を受けないで告知書だけで審査を通ってしまった時、告知書にウソの記載があった場合は告知違反義務となってしまいます。これは完全に契約違反です。入院したとしても給付金は出ません。最悪の事態は生命保険契約解除ということになるので注意が必要です。保険会社によって審査結果は違います。審査結果が違うということはそもそもの審査基準がそれぞれ異なっていることを意味しています。まずは追加で健康診断や医師の診断書を提出することで再審査をしてくれる会社もあるので、一度聞いてみると良いでしょう。また告知書の書き方が雑であったり、内容が具体的でない場合も審査が通らない場合があります。丁寧に書き直して提出することをオススメします。基本的には告知書でOKですが、こうなってくると健康診断書のほうが確実です。もしかしたら他の保険会社であれば通るかもと考えあぐねるよりも、まずは健康診断書を提出することで申し込みをしてみてはどうでしょうか。また1社がダメでも2社、3社と受ける覚悟も必要です。"

加入されている生命保険と比べてください

保険会社40社から最適な保険を見つけます!

保険の相談は何回でも無料です!
保険マンモスの無料保険相談



トップページ 無料窓口の体験談 見直す必要性 生命保険の選び方 安くて良い生命保険