生命保険の無料相談について

生命保険は見直す事をお勧めします!

契約実績50万件以上!

あなたにピッタリの保険が無料で見つかります!
保険マンモスの無料保険相談

高い生命保険はかける必要がない?

高い生命保険はそれだけお金がかかります。自分に合ったものであるかどうかの見直しをするとともに、自分自身の人生設計を考えて判断したほうが良いでしょう。独身の会社員であれば高額の生命保険は必要ありません。医療保険も最低限でもいいぐらいです。ただし、入院してしまうと1人での収入でなんとかやっていかなければならないので、貯蓄は必要です。子どもがいない夫婦であれば、生命保険はそこまで重要ではありません。どちらも働いているのであれば尚更です。子どものいる夫婦では生命保険は必要です。万が一どちらかが入院または死亡してしまった時、一時的ではあれ当面の生活費、子どもの教育費が必要となってきます。また子どもが生まれて更にマイホームを購入した夫婦であれば生命保険は少し減額を考えてもよいでしょう。マイホームのローンもありますし、最悪はマイホームを売却することで生活費の工面は出来ます。そして子供が独立した場合、生命保険はそこまで必要なものでは無くなってきます。しかし、このころになると身体のどこかが悪くなってきていることもあります。医療保険だけは切らしてはいけません。ここまでで理解して欲しいのは、扶養家族がいるかいないかで生命保険の重要度が変わってくるということです。

 

終身は高い

 

終身保険を持っていれば気持ち的には安心です。しかし、貯蓄型の性格ゆえに掛ける料金は高くなります。仮に25歳で終身保険に加入したとしても、60歳まで払い込んだら35年間ずっと払うことになります。いくら掛け金が若い時に加入して安くなっているとは言え、35年間も払いこんでいたら経済的にはかなり厳しい額になります。お金の使い先が全て保険に回ることは正常な状態であるとは言えません。保険に追われて生活が火の車では、将来の保証の前に自分自身が潰れてしまいます。終身を必要とするのであれば、掛け捨ての長期間のほうがオススメです。今では90歳まで保証をしてくれるところもあります。平均寿命が長いとはいえ、流石に90歳を越えるものはまさに至難の業です。もしかしたらのための保険ですが、家計に負担の少ないものを選ぶことが大事です。各家庭によっていくらが妥当かということはありませんが、自分にとって必要な保険は何か、いつまでの期間必要なのかは見極めなければなりません。保険会社の言うがままになっていてもいいことはありません。自分の意志をしっかりと持つことが大切なのです。

加入されている生命保険と比べてください

保険会社40社から最適な保険を見つけます!

保険の相談は何回でも無料です!
保険マンモスの無料保険相談



トップページ 無料窓口の体験談 見直す必要性 生命保険の選び方 安くて良い生命保険