生命保険の無料相談について

生命保険は見直す事をお勧めします!

契約実績50万件以上!

あなたにピッタリの保険が無料で見つかります!
保険マンモスの無料保険相談

生命保険加入前に必要な知識

生命保険とは万が一の病気や怪我、そして死亡した時に備えて加入するものです。自分がもしいなくなってしまった場合、家族はどうやって生活をしていくのでしょうか、日本の社会保障制度は充実しているので一定の保障は受けられます。しかしこれだけでは十分とは言えません。生活費や子供がいれば教育費も掛かってくるのです。貯蓄が十分な人や生命保険以外の保障で対応できるような人は特に必要はありません。

 

生命保険の種類と特徴

 

生命保険には掛け捨ての定期保険、養老保険、終身保険などがあります。定期保険は加入期間が決まっていて、その間に死亡すると死亡給付金を受け取ることが出来ます。掛ける金額が比較的安く大きな保障を得ることが出来るのが特徴です。しかし掛けたお金はなにもなければ戻ってくることはありません。養老保険は定期保険同様に加入期間が決められているものです。定期保険に比べて貯蓄型の保険になるので、掛け金は割高です。しかし満期を迎えると掛け金が戻ってきます。終身保険は一生涯保証が続くものです。掛け金も貯蓄型で割高です。入院の特約を付けたりも出来るのですがその部分は掛け捨てとなるので注意が必要です。仕事をしている間に満額払い込んで、入院の分だけを払い続ける人が多いです。また、掛け捨ての場合は払ったら払いっぱなしで、大きな保障を得ることが出来ますが、お金が返ってくることはありません。

 

逆に貯蓄型は保障が1000万円なら1000万円が必ずどこかで還ってくることになります。月々の掛け金が高いことも考えると経済的に余裕のある人が選択をする保険であるとも言えます。また貯蓄型を貯金として捉えている人も多いようですが、満期を迎えないと無意味です。確かに金利は市場に比べると低くはありません。ですが、途中で解約をしてしまうとそれまで掛けていたお金が全額戻ってくるわけではないのです。契約期間によりますが、よくて8割程度だと思ってください。貯蓄型の保険を契約するときには本当に払っていけるのかが重要です。そこまでの余裕がないのであれば満期額を比較的抑えたものに加入することをオススメします。このように保険と言っても全てが同じものではありません。用途によってそれぞれ商品があります。保険会社の人も詳しく説明をしてくれますが、そこまで自分の会社の商品を悪く言うことはありません。自分自身で商品知識を付けてから契約に臨むべきです。"

加入されている生命保険と比べてください

保険会社40社から最適な保険を見つけます!

保険の相談は何回でも無料です!
保険マンモスの無料保険相談



トップページ 無料窓口の体験談 見直す必要性 生命保険の選び方 安くて良い生命保険