生命保険の無料相談について

生命保険は見直す事をお勧めします!

契約実績50万件以上!

あなたにピッタリの保険が無料で見つかります!
保険マンモスの無料保険相談

生命保険の予定利率とは

予定利率は契約者に約束する運用利回りを指します。予定利率が高いということは利用者にとってはお得な保険です。予定利率が高ければ高いほど返戻率も高くなり、このため保険料は安くなります。運用で見込める利益があるため、保険料を割り引くという形で還元をしているということです。

 

 

このスタイルは掛け捨ての定期型も同様です。これは契約がある限りずっと続きます。お得な保険であるがゆえに続けることがベストな選択と言えますが、中には少し見直しをした方がいい契約もあります。たとえば昔に契約した保険であれば、最新の医療保険に対応していない事があります。

 

 

どうしてもという場合は終身保険を残して特約を解除、その後新規で医療保険に加入といったスタイルか、現在の保険を払い済みにして新規で医療保険に入るかなど考えることが出来ます。しかし予定利率イコール金利ではないので注意してください。

 

 

予定利率の注意点

 

現在の予定利率は昔と比べると低いものとなっています。予定利率は標準利率をもとに計算されています。生命保険会社がそれぞれで設定しているので数字は微妙に異なっています。これは、予定利率の引き下げに時に標準利率を下げることによって保険料を全体的にアップさせるはずでしたが、足並みが揃わなかったからです。

 

 

そのため、貯蓄性のある保険料はあがったものの掛け捨て部分のある保険料は据え置きまたは下がるような傾向が見られました。予定利率の高い年代、特に1996年の4月から1999年の4月に契約した保険は特に利率が高いものです。どうしても家計が苦しいとか、払い込みが厳しいという理由が無い限りは大事にもっておくことをオススメします。

 

 

自分の契約内容が分からない、予定利率を知りたいという人は毎年送られてくる契約内容の用紙を確認するか、または保険会社へ問い合わせてみてください。残しておいて損は無い保険です。更に1996年より前の契約は更に利率が高いものが多いので要チェックです。"

加入されている生命保険と比べてください

保険会社40社から最適な保険を見つけます!

保険の相談は何回でも無料です!
保険マンモスの無料保険相談



トップページ 無料窓口の体験談 見直す必要性 生命保険の選び方 安くて良い生命保険