生命保険の無料相談について

生命保険は見直す事をお勧めします!

契約実績50万件以上!

あなたにピッタリの保険が無料で見つかります!
保険マンモスの無料保険相談

生命保険に贈与税はかかるのか

個人から財産をもらった時にかかる税金が贈与税です。子供や孫に財産を残すための方法として生前贈与があります。この時に現金や預金をあたえることで無駄に使ってしまいそうな予感はありますよね。

 

 

そこで子供や孫に財産を残す方法として生命保険を使った生前贈与があります。2015年の1月から相続税の基礎控除額が現在の5000万円+1000万円×法定相続人から3000万円+600万円×法定相続人と縮小されました。

 

 

そこで、相続税を考えるよりも毎年110万円まで基礎控除が認められている贈与税が有効な手段として注目されています。しかもこの制度は子ども一人に110万円を非課税ということで、5人であれば550万円の贈与が可能となってくるのです。

 

 

しかしやはり現金でお金をもらうと使ってしまいたくなるのではないでしょうか。そこで安心で確実に残すために生命保険が有効です。生命保険は終身保険であれば、死亡給付金では支払った保険額よりも受け取りの額を増やすことが出来ます。

 

 

しかしここで一つ注意点があります。あからさまに贈与をしましたとならないようにしてください。毎年同じ時期に同じ額だけ贈与していくのであれば、それはもうバレバレです。元々この金額を贈与するつもりでやっていたと見なされてしまうと課税されることがあるのです。

 

 

このため、毎年渡すことは構わないのですが、時期や金額を少し変化をつけてあげてください。一つここで注意点とすれば、保険利用の贈与であった場合、贈与を受けた者がその資金をもとに保険の支払いをします。

 

 

もし贈与した者が途中で払うことが出来なくなってしまった場合、その保険料を自分で支払うことになりますが、これは一括で支払うことで解決が出来ます。途中で考えが変わったり、認知症になってしまったりすることは多々ありますから、そうなってしまう前に対策をするべきです。またなってしまった場合は自分自身の支払い能力に応じて契約を変更するべきです。

 

加入されている生命保険と比べてください

保険会社40社から最適な保険を見つけます!

保険の相談は何回でも無料です!
保険マンモスの無料保険相談



トップページ 無料窓口の体験談 見直す必要性 生命保険の選び方 安くて良い生命保険