生命保険の無料相談について

生命保険は見直す事をお勧めします!

契約実績50万件以上!

あなたにピッタリの保険が無料で見つかります!
保険マンモスの無料保険相談

生命保険の相続で抱える問題

相続は「争続」と揶揄されるほど古来問題の種となってきました。親が残した財産を子どもたちが受け継ぐというのは決して簡単なことではなく、お互いにいろいろな思惑が働くため、どうしても争いごとに発展しがちです。法律上だれがどの程度まで財産を受け継ぐかが決められていますが、それでも親とのかかわりやこれまでの介護の労苦などを考えると、均等に配分するというのは事実上難しくなってしまうものです。

 

 

できればそのような問題が発生する前に解決したいものですが、ことに生命保険となると難しさを増してしまいます。問題を解決するためのよい方法を把握しておけば、実際にこの問題に直面した時に役立つはずです。

 

 

遺産分割と生命保険

 

遺産分割とは被相続人の財産を残された家族や親族が公平に分け合うことを指します。故人が所有していた財産はすべて遺産に数えられることになるため、まずは個人の遺産がどれくらいあるかを算定する必要が生じます。仮に生命保険の受取人が家族の誰かに指定されていた場合、受取人以外の家族は遺産を受け取ることができなくなります。

 

 

もちろん故人の配偶者が存命であれば、配偶者が受け取る権利を有するわけですが、故人もその配偶者も死亡している場合、兄弟が複数名いるケースでは争いに発展してしまう可能性があるのです。この問題を解決するために必要なのが遺産分割です。

 

 

残念なことに判例では生命保険は遺産分割の対象には含まれていないため、生命保険の受取人が保険金を受け取ると、分割することはできなくなります。

 

 

他の資産と保険金

 

保険金の受取人をAと仮定しましょう。Aには弟と姉がいてそれぞれをB(弟)、C(姉)とします。この場合、保険金はすべてAが受け取ることになるのですが、先ほど述べた遺産分割の原則により、他の資産はBとCで分け合うことになります。

 

 

例えば保険金の受取金額が1,000万円、故人が残した預貯金が2,000万円あったとすると、Aは保険金の1,000万円を受け取り、BとCで残りの2,000万円の預貯金を1,000万円ずつ分けあることになります。こうすることで、遺産を公平に分けることが可能になり、争いをできるだけ抑えることができようになっているのです。

 

 

これは一例にすぎませんが、仮にAが故人の介護を行っていて、かなりの程度貢献していたとする場合、預貯金を3人で分割することになります。つまり、故人に対してどれほどの貢献をしたかに応じて、公平に分割できるようになっているのです。

加入されている生命保険と比べてください

保険会社40社から最適な保険を見つけます!

保険の相談は何回でも無料です!
保険マンモスの無料保険相談



トップページ 無料窓口の体験談 見直す必要性 生命保険の選び方 安くて良い生命保険