生命保険の無料相談について

生命保険は見直す事をお勧めします!

契約実績50万件以上!

あなたにピッタリの保険が無料で見つかります!
保険マンモスの無料保険相談

若い人におすすめの安い生命保険

年齢と保険料は比例関係にあります。年齢を重ねれば重ねるほど保険料が割高になるので、できるだけ若い時に加入しておくことが大切です。保険にはさまざまな種類があるので、選ぶのが大変だと感じている人が多いですが、どの保険を選ぶかについての指針を知っておけば、保険選びで失敗することはないでしょう。

 

 

それと同時に保険料が安くて保障が手厚いものに加入することで、一生涯にわたる保障を早期に備えることができるようになります。まずは保険の種類を知っておくとよいでしょう。保険には掛け捨て型と貯蓄型(解約返戻金があるもの)とに分かれます。

 

 

それ以外にも一定期間保障するタイプと一生涯にわたって保障するものとがあります。一定期間保障するものを定期保険、一生涯保障するものを終身保険と呼びます。

 

 

掛け捨て型と貯蓄型どちらを選ぶべきか

 

生命保険を選ぶ際に悩むのが掛け捨て型にするか貯蓄型にするかということです。それぞれの特徴として、掛け捨て型は保険料が戻ってこないもの(解約払い戻し返戻金もない)を指し、貯蓄型は満期になると保険金という形で戻ってくるもの(解約払い戻し返戻金あり)に分かれます。

 

 

貯蓄型は銀行預金と同じように利息に相当する予定利率が設定されています。予定利率に従って保険会社は預かった保険料を運用し、満期に予定利率分を上乗せした分を返還します。貯蓄型を選ぶメリットは将来年金としてあるいはまとまった資金が必要な時の貯金として利用できることです。

 

 

基本的に掛け捨て型は保険料が安く、貯蓄型は保険料が高くなります。将来の資金を確保したいのであれば貯蓄型になりますが、安い生命保険を選びたいなら掛け捨て型を選びましょう。

 

 

コスパで選ぶなら掛け捨て型を

 

保険料の安さで選ぶなら、掛け捨て型がおすすめといえる理由は、生涯払い込む保険料の総額に対する保障が大きいためです。終身型の保険は解約払い戻し返戻金があるものの、払い込んだ保険料に見合うだけの収益はないと考えたほうが良いでしょう。

 

 

その理由として予定利率が非常に低いことが関係しています。今から20年ほど前には予定利率が非常に高く終身保険を選ぶメリットが十分にありましたが、ゼロ金利政策が続く現在、終身型を選ぶメリットは少なくなっています。

 

 

しかも若いうちに掛け捨て型を選ぶと保険料が非常に安いため、加入する価値が高いといえるのです。保険料が浮いた分を投資信託などで運用するほうが貯蓄を効率的に増やせます。

加入されている生命保険と比べてください

保険会社40社から最適な保険を見つけます!

保険の相談は何回でも無料です!
保険マンモスの無料保険相談



トップページ 無料窓口の体験談 見直す必要性 生命保険の選び方 安くて良い生命保険